>BTOパソコン おトクなキャンペーン実施中!
>すぐに出荷可能!豊富なラインナップの完成品即納モデルはこちら!

写真編集(RAW現像) シリーズラインナップ

デジタル一眼カメラで撮った写真のRAWデータ現像に最適な専用モデルが登場! デジタルカメラに関する書籍や Web 誌にも数多く寄稿しているプロカメラマンによるRAW現像を快適にするスペシャルセレクションPCです。データ取り込みに便利な前面カードリーダー搭載モデルもご用意しています。

写真家・中原 一雄氏監修 写真編集(RAW現像) ベースモデル PM5A-A200/T2

写真編集(RAW現像) PM5A-A200/T2
  • AMD Ryzen™ 5 3600
  • NVIDIA® GeForce® GTX 1650
  • 16GB (8GBx2枚) DDR4-3200
  • 500GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
  • ASUS PRIME A520M-A (MicroATX)
  • Windows 10 Home
   
税込 ¥107,800 Point1%
(税別 ¥98,000)
お見積り・ご注文

【プロの視点】

パソコン選びのポイント

6コア12スレッドのハイパワーCPUのRyzen5 3600を採用しコストパフォーマンスに優れるパーツを厳選して構成。標準メモリ16GB、SSD500GBと基本スペックも妥協せず4,000万画素オーバーのRAW現像でも快適に使えるマシンになりました。筐体サイズがコンパクトなものポイントです。

BTOオプションの選択ポイント

最新のLightroomはメモリ消費量が10GB程度まで達することもあり、メモリを32GBにすることでより快適に作業ができるほか、現像速度アップも期待できます。外付けHDDを使わない場合は内蔵HDDを追加しましょう。動画編集も積極的に行うのならグラフィックカードの強化もおすすめです。


写真家・中原 一雄氏監修 写真編集(RAW現像) スタンダードモデル PA7A-B200/XT

写真編集(RAW現像) PA7A-B200/XT
前面USB3.0(UHS-II対応)カードリーダー標準搭載
  • AMD Ryzen™ 7 3700X
  • NVIDIA® GeForce® GTX 1660Ti
  • 16GB (8GBx2枚) DDR4-2666
  • 500GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
    + 500GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
  • ASRock X570 Steel Legend (ATX)
  • Windows 10 Home
   
税込 ¥181,280 Point1%
(税別 ¥164,800)
お見積り・ご注文

【プロの視点】

パソコン選びのポイント

8コア16スレッドのRyzen7 3700Xを搭載したことで6000万画素を超える高画素RAWデータの現像も楽に行えます。グラフィックカードも比較的パワーがあるので写真だけでなく動画の編集にも最適。500GBのSSDをデュアルで搭載するため1つをLightroomのカタログ専用ドライブや、動画編集用ドライブとして使う事も可能です。拡張性、排熱に優れるワークステーション用ケースを採用。内蔵カードリーダーはUHS-II対応です。

BTOオプションの選択ポイント

8コア16スレッドのパワーをしっかり活かすならメモリ増量が特におすすめ。特にLightroomで高画素データの現像をしっかり行うなら32GB以上をおすすめします。メインドライブを超高速なNVMe SSDとしたり、大容量HDDやNAS用に10GbE対応のNICを追加するのも良いでしょう。拡張性が高いため自分好みのPCに仕上げられます。



性能比較表はこちら
監修 ■ 写真家 ■ 中原一雄 (なかはらかずお)

中原一雄 1982年北海道生まれ。化学メーカー勤務を経て写真の道へ。広告写真撮影の傍ら写真ワークショップやセミナー講師として活動。カメラ雑誌、ムック本の執筆のほかカメラバッグのプロデュースも行う。写真情報サイトstudio9代表。ライフワークは写真をより楽しむための情報を発信すること。
近著に『写真のことが全部わかる本』(インプレス)、『Lightroom[美]写真メソッド プロが教える感動写真の仕上げ方。』(エムディエヌコーポレーション)など。
Webサイト:https://photo-studio9.com