?ヘルプ eX.computerにはパーツのプロが厳選した高品質パーツのみを使用しています。

eX.computer ヘルプ オプションCPUクーラー

パソコンの”頭脳”と呼ばれるCPUの冷却を司るCPUクーラーは、非常に重要なパーツのひとつです。オプションでお選びいただけるCPUクーラーは、静音性が高まるだけでなく冷却性にも優れた製品のため 「静かなPCが欲しいけど、安定して高いパフォーマンスを発揮して欲しい」という方には最適のオプションです。


【レビュー】 集中連載「eX.computer」おすすめパーツ選択術 CPUクーラー編 Part1 [マイナビニュース 掲載]
【レビュー】 集中連載「eX.computer」おすすめパーツ選択術 CPUクーラー編 Part2 [マイナビニュース 掲載]

オプションCPUクーラーに変更するメリット

静音性に優れている

PWM対応のCPUクーラーの場合、パソコンの稼働状況に応じてファンの回転数を制御します。パフォーマンスを必要としないインターネットやメール、オフィスワークの時は回転数を落として静音性を重視し、映像のエンコードやPCゲームなど、CPUに負荷がかかる状態になると、安定性を高めるために回転数を上げて冷却性を高めることができます。これにより、冷却性(安定性)と静音性を両立することができます。 自動で回転数を調整

冷却効率が高くなる

CPUから発せられる熱を効果的に発散するために、熱伝導に優れたヒートパイプを採用しています。集められた熱は大口径のファンで集められた空気で冷やすため、優れた冷却性を誇ります。 トップフロー方式
トップフロー方式
サイドフロー方式
サイドフロー方式
省電力とパフォーマンスの両立を果たす『インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー』の機能を最大限に活かすためには、優れた冷却性が非常に重要な要素となります。冷却性に優れたCPUクーラーに変更いただくことで、その機能を最大限に発揮する事ができます。
→ インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーの詳細はこちら

【サイドフロー方式】オプションCPUクーラー

クーラーマスター Hyper 212X (RR-212X-20PM-J1)

クーラーマスター Hyper 212X クーラーマスター Hyper 212X
本体サイズ 120 x 158 x 79 mm
ファン寸法 120mmファン(PWM対応)
ヒートシンク素材 アルミニウム
ファン回転数 600 〜 2,000rpm ±10%
ノイズレベル 9 〜 36dBA
PWM対応
ヒートパイプ
→メーカー商品詳細

EVERCOOL BUFFALO HPFI57-10025EP/2

EVERCOOL BUFFALO HPFI57-10025EP-2 EVERCOOL BUFFALO HPFI57-10025EP-2
ファン寸法 100 x 100 x 厚み25mm
ヒートシンク素材 アルミニウム
ファン回転数 800rpm - 1,500rpm
ノイズレベル 〜 約23dBA
PWM対応
ヒートパイプ
※FANの色は出荷時期によって異なる場合がございます

【トップフロー方式】オプションCPUクーラー

SilverStone Argon SST-AR05

SilverStone Argon SST-AR05 SilverStone Argon SST-AR05
ファン寸法 92(L) x 104(W) x 36.7(H) mm
ヒートシンク素材 銅ベース、アルミニウムフィン
ファン回転数 1,200rpm - 2,500rpm
ノイズレベル 20dBA 〜 28.3dBA
PWM対応
ヒートパイプ
→メーカー商品詳細

SilverStone Argon SST-AR06

SilverStone Argon SST-AR06 SilverStone Argon SST-AR06
ファン寸法 92(L) x 105(W) x 58(H) mm
ヒートシンク素材 銅ベース、アルミニウムフィン
ファン回転数 1,200rpm - 2,500rpm
ノイズレベル 20dBA 〜 28.3dBA
PWM対応
ヒートパイプ
→メーカー商品詳細

▲ページトップへ戻る
Copyright © Project White Co., Ltd. All rights reserved.